top of page
  • 執筆者の写真めぐみ 保育園

病後の保育について

現在保育園ではRSウイルスが流行しております。また問い合わせが多かった病後の保育に関してお知らせします。


  • 登園許可書または感染症届出書(下記参照)が必要な感染症に関しましては医師の指導の下判断してください。


  • それ以外の体調不良に関しましては基本的には市からのガイドラインに則り登園は解熱(37.4℃以下)後24時間または風邪症状がある場合は家庭保育をお願いしていますが、家庭保育が難しい場合は風邪症状なしで解熱していれば受け入れる事とします。ご自身での判断が難しい場合は当園スタッフにお問い合わせください。


  • 発熱(37.5℃以上)または風邪症状(鼻水、咳、下痢など)があり機嫌がよくない、食事や水分が取れない場合は病後児保育室(下記リンク参照)の利用もご検討ください。



医師の診断かつ医師が明記する登園許可書が必要な感染症(病院または保育園の書式に明記の上登園してください。)


インフルエンザ・麻しん(はしか)・水痘(みずぼうそう)・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・風疹・咽頭結膜熱(プール熱)・百日咳・流行性角結膜炎・腸管出血性大腸菌・アデノウイルス感染症・新型コロナウイルス感染症



医師の診断による感染症届出書が必要な感染症(保育園に書式があります医師の判断の元保護者明記により提出してください。登園後の提出でも大丈夫です。)


溶連菌感染症・RSウイルス感染症・ウイルス性胃腸炎・流行性嘔吐下痢症・マイコプラズマ肺炎・手足口病・ヘルパンギーナ・突発性発疹・帯状疱疹・伝染性紅斑(リンゴ病)





閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


記事: Blog2_Post
bottom of page